ニューハーフ掲示板のカナジョを利用しました。
魅力的なやりとりになった男性、写メを見せてもらったところ、思いっきりタイプでした。
この男性と関係を持てれば最高。
ノンケのちんこを思いっきり味わえるかもしれません。
メールの雰囲気では前向きだったので、期待する気持ちがとても強くありました。
私のオナニー動画が欲しいと言われ、素直に彼に送信してしまいました。
気に入ってもらえて、きっと待ち合わせになるって信じてしまっていました。

 

 オナニー動画を送信したのですが、その後の連絡が取れなくなりました。
気に入らなかったのか?
もしかしたら、冷やかしみたいなもの?
ただ単に、おかず収集の人?
その理由は分らなかったのですが、期待が大きかった分、失望もより強いものを感じてしまいました。
その後も、ニューハーフ掲示板を使っていたのですが、しっくりくる手応えはありませんでした。

 

 職場のニューハーフ・バーの同僚、優羅ちゃんとは仲良くしていました。
彼女が一つ年上、年齢は27歳。
優羅ちゃんに、カナジョを利用したことを伝えてみました。
「その送ってもらった写メ、画像検索してみれば分るよ」
言われたままにやってみたところ、沢山のところに同じ写メがあることが判明しました。
「そういう掲示板を利用した経験があるけど、結局は冷やかしとかオナニーのおかずを集める人ばかり。まともに出会いが欲しい人なんて1人もいなかったよ」
やれやれといった表情で、彼女は話してきます。
「匿名性が高かったり、無料だったりすると、冷やかしが殆んどだよね。利用者の質も低いから、魅力的な出会いがそこにはないって考えても良いかも」
優羅ちゃんも言葉が、重くのしかかってきました。

 

 驚きの発言が出てきました。
優羅ちゃん、ノンケのちんこを食べられるようになったと言うのです。
純男と出会える場所があると言われた時、強烈な関心が湧き上がってきました。
「それ、どんな方法なの?」
慌てて聞いてしまっていました。
彼女は、ちょっとイタズラっぽく笑いながら言います。
「落ち着いて、ちゃんと説明してあげるから」
期待で胸が膨らみまくっているのを感じる私だったのでした。

おすすめ定番サイト登録無料

ニューハーフがノンケと繋がるならココ!